沖縄ダイビングとライセンス(Cカード)

日本国内のダイビングスポットといえば、当然ながら沖縄ダイビングが真っ先に挙げられます。 其の沖縄の本島の海では、特に人気なのは那覇より近距離でも有る北谷(チャタン)地区の海域で、そこは浅い海底が広がり、地形も複雑で不思議な光景が観られるといいます。 しかし、本当でもリゾートとして知られているのが恩納村のエリアでしょう。

恩納村のエリアは連続して美しい海域が広がり、特有の綺麗な海を愛でながら、ダイバーたちにとってもお勧めのポイントが多数存在します。 海岸地域を更に、船をチャーターして出掛けると、海辺とは違った別の美しいダイビングエリアが現れ、より多くのポイントを楽しむことが出来ます。 特にお勧めなのがマニュアなら誰でも知っている「青の洞窟」というところで、多くのダイバー達が常時賑わう処であり、初級者から中級者クラスまで海中を楽しむことが出来ます。

ところで、ダイビングというのは危険との隣り合わせでもあり、それなりの技術と知識を身につけなければなりません。 沖縄ダイビングに関して言えば、勿論、沖縄の名のある各ダイビングスポットでは、十分に経験を積んできた正スタッフによる講習、それに快適な施設や設備も充分揃っています。 従って、初心者でも講習をしっかり受けて、更にライセンス(Cカードライセンス)を取得すれば、より一層楽しいシーライフを満喫できるでしょう。

また、潜水器材に関しては、初心者のうちはレンタル器材になるでしょうが、ダイビングショップではメンテナンスの行きと届いた器材も揃っています。 料金設定にしても適切な講習日数、安全管理などを充分に受ければ、一定料金以内で一層の潜水のスキルと楽しさが増すし、モチベーションも育ってきます。